トップページ | 京都で妾を囲いたい »

2004.02.10

ホスト幕末

飲み屋が入った雑居ビルが立ち並ぶ銀座の裏道で「武人クラブ(会員制)」という看板を見た。
馬上鎧武者の絵柄のその看板から、時代劇ファンをターゲットとし、姫さま姿のホステスに「殿っ」なんて呼ばれてニヤニヤするところかと想像する。

で、私は考えた。

時代劇ファンをターゲットとしたホストクラブがあってもよいではないか!

時代設定は幕末がいいだろう。
店内はもちろん純和風。
一軒屋での営業だと隠れ家的で尚可。

客席は座敷形式。
座敷ごとに長州、薩州、新選組などとテーマが違い、テーマに相応しい人数のホストが各座敷専属となる。

服装は当然所属する座敷テーマに合わせた和装。ただし、新選組座敷所属源氏名:土方、薩州座敷所属源氏名・西郷、大久保、桐野、長州座敷所属源氏名:桂などは週1回洋装DAYあり。

月代はさすがにかわいそうなので総髪系で勘弁してやろう。長州座敷所属源氏名:高杉は時々短髪にしてOK。

客は入店時に自分の好みの派閥座敷を選択。
客が幕末人物の妻気分を味わいたいのか、
花街のなじみの女気分を味わいたいのか、
はたまた同志気分を味わいたいのかを、すばやく読み取り柔軟に対応できるかどうかが営業成績を分けるポイントのひとつとなるだろう。

日々幕末知識を深める努力を怠らず、得た知識を接客にうまく反映させる事ができたホストがナンバーワンとなるだろう。

所属座敷の方言をマスターし、トークで客の心を掴むべし!己が冠する源氏名の人物をよく理解し、なりきり、マニアな客をもうっとりさせるのだ!

営業成績は座敷ごとに競い合っている事にする。
月末の追い込み時期に常連客へのおねだりトークは「長州の奴らにやられぎみでね。今月ウチ(新選組座敷)厳しいんだ。あいつらにオレ負けたくねえんだよ」てなカンジで決まりだ。
女は新選組活動資金を惜しみなく供出するだろう。

1日2回新選組や見廻組による各座敷への座敷改めショータイムあり。
座敷ごとにお客様参加型イベントDAYあり。
海援隊座敷では、前月一番の得意客が急を知らせるお龍役をやれる竜馬寺田屋で襲撃さるショー。新選組座敷では、土方歳三に「そもじと呼ぶよ」(by燃えよ剣)と囁かれる権争奪ビンゴ大会を実施。
業績アップに直結するイベントを各座敷で企画するべし!

お出しするドリンク&フードが問題だ。
和風ホストクラブとはいえ焼酎じゃろくにふっかけられないから、やはり舶来酒で行くしかあるまい。グラスに凝って乗り切ろう。
フルーツ盛り合わせも始祖鳥みたいなド派手盛り付けじゃ店の雰囲気に合わない。刺身風にカットしたフルーツを船盛りにしてお出ししよう。チーズ盛り合わせは小鉢で供するとしよう。

時代劇ファンでなくとも、和装の殿方にグラグラもんの女は多い。
潜在顧客数はかなりのものと見る。
我ながらナイスでグッドなアイデアだ。
だが実行する金はない。
てなワケで、これが私の「宝くじで3億円当たったらやってみたい事」である。

|

トップページ | 京都で妾を囲いたい »

幕末・戦国」カテゴリの記事